何回行っても楽しめる!国内最大級の公立博物館「兵庫県立 人と自然の博物館」

兵庫県立人と自然の博物館

国内最大級?博物館なのに子どもも楽しめるの?気軽に行けるようなとこ?って思ってませんか?

人と自然の博物館は、兵庫県三田市にある「人と自然の共生」をテーマにした県立の自然史系博物館です。

三田市民であれば、家族やお友達と週末のイベントや幼稚園の遠足などで一度は訪れたことのある場所ではないでしょうか?

人と自然の博物館は、いたるところにたくさんの展示物があります。子どもを連れて行っても飽きることなく、一日中楽しめる博物館です。

この記事では、

  • 人と自然の博物館ってどんなとこ?
  • 1F〜4Fのフロア紹介
  • イベント情報

をご紹介していきます。この記事を読んで、人と自然の博物館のことを知り尽くしてください!

ご家族や子どもとのお出かけの際の参考にしてみてくださいね♪

人と自然の博物館ってどんなとこ?

人と自然の博物館は、1992年に「人と自然の共生」をテーマとし、兵庫県三田市のフラワータウンに開館しました。

人と自然の博物館を三田市民は、「ひとはく」と呼んでいます!

ひとはくには、人気の恐竜など常設展示はもちろん、期間限定の「企画展示」が見られるので飽きることなく何度も楽しめます。職員の日頃の研究成果や寄贈資料にも触れられます。

ただ展示物を見るだけでなく、実際に触ったり、フロアスタッフによる展示物の解説、ワークショップなどのプログラムもありますよ!

また、他の博物館とは違い、参加型の展示を募集していて、館内で一般の方の独自の展示会を開くことが出来るんです!

人と自然の博物館のフロア紹介

ひとはくは、4階までありフロアによって展示物が分かれています。

人と自然の博物館 案内
  • 1F :共生の森/地球・生命と大地
  • 2F :水生生物の世界/ひとはく多様性フロア
  • 3F :ナチュラリストの幻郷/兵庫の自然誌/丹波の恐竜化石/人と自然/アースシアター
  • 4F :ひとはくサロン

1F〜4Fの主な展示物についてはこちら↓

1Fアメリカマストドン、熱帯雨林で生きる生物•果実、生命誕生〜人類誕生前の歴史など
2Fナガスクジラの骨格標本、海に棲む大型生物の展示、化石に触れるコーナーなど
3F森に生きる生物、昆虫標本、丹波の恐竜化石、人の暮らしのあり方(環境問題について)、など
4Fワークショップ、イベント、図書コーナー、情報コーナー、休憩コーナーなど

ひとはくへの入口は、3階と4階にあります。イベントの参加時間にもよりますが、3Fメイン入口から周るのをオススメします♪

【3F】ナチュラリストの幻郷/兵庫の自然誌/丹波の恐竜化石/人と自然

それでは、ひとはくの中に入ってみましょう♪

人と自然の博物館 イノシシ

3Fメイン入口から入るやいなや森に生きる動物たちが勢揃い!もちろん剥製ですよ〜

今にも動き出しそうですよね!

反対側には、色鮮やかなちょうちょや子どもが大好きなカブトムシの標本までありました。

人と自然の博物館 ちょうちょ

自分の手より大きい!と比べたり、自分好みのものを見つけたり、入ったばかりなのに前に進みません!

丹波の恐竜化石エリアには、恐竜の化石を発掘したときに実際に使った入れ物の展示があり男の子は興味津々。

人と自然の博物館 恐竜の化石

丹波市で恐竜の化石が発見されたこともあり、発掘調査や化石に関する資料を見ることができます。

人と自然の博物館 恐竜

2006年に丹波市篠山川のほとりで発見された恐竜の化石が2014年に新種の恐竜として「タンバティタニス•アミキティアエ」と命名されました。

化石と言っても今の子どもたちにはあまり想像がつかず、「ただの石じゃん!」って感じですが昔恐竜が住んでいたことをいつも熱く語ってしまいます…。

1億4,000万年も前の恐竜の化石が見つかるってほんとすごいことですよね!!

さらに奥に進むと人と自然のエリアになります。

ここでは、5人家族の1週間分の飲食物の量が展示されています。

人と自然の博物館 5人家族の暮らし

実際に見るとたくさんの量に驚かされます。

我が家は5人暮らしなので、こんなに飲んだり食べたり、水を使ったりしているんですね!

狩猟をした後、どのようなものに使われているかの展示もあります。

人と自然の博物館 トラ

あまりにもリアルなトラに下の子は少しビビってました。

このトラが毛皮のコートになるとは子どもたちも想像つかないですよね!

【2F】水生生物の世界/ひとはく多様性フロア

階段を降りて2階に行くと、世界で2番目に大きいと言われるナガスクジラの骨格標本が目にとびこんできます。

階段を降りていくと大きな骨格標本が見えるんですが、上から見ることってなかなかないですよね〜!

人自然の博物館 クジラ

このナガスクジラは、2001年淡路島沖で漁網にかかりました。

それを解体し、骨を土に埋めて2年間の分解を待ち、脂肪や肉をとって骨格標本にしたとか…。

私達が行った時は、身近な海の「ベントス展」もありました。

人と自然の博物館 海の生き物

ベントスとは、カニとか水域の底にすんでいる生き物のことなんだそうです!

【1F】共生の森 地球・生命と大地

さて、いよいよ子供が喜ぶ場所1階へ向かいます♪

人と自然の博物館 スロープ

スロープを通って降りると大きなアメリカマストドンの化石が!

人と自然の博物館 アメリカマストドン

迫力満点!あまりの大きさにびっくりします!

実は何度もひとはくに来ているんですが、何度行っても同じ反応してるかも…

他にも五感を使って楽しめるものの一つで木の匂いを嗅ぐことが出来るコーナー!

人と自然の博物館 におい

穴に鼻を近づけると木(ビャクダン)の匂いがします。

子どもは、「おじいちゃんのにおいがするー!」と言ってましたが…お線香のような匂いでした♪

これは世界最大の果物、ジャックフルーツの重さを体験するコーナー。

人と自然の博物館 ジャックフルーツ

大人が持っても結構な重さですよ!ぜひ、試してみてくださいね!

こちらのコーナーは、シロアリによって枯れた巨木が分解され、新しい巨木を助ける養分にリサイクルされる仕組みを説明しています。

人と自然の博物館 シロアリ

レバーを動かすと絵が出てきて、わかりやすく説明してくれているんですが、小さい子には大人の説明が必要かな…

最後に4F ひとはくサロン へ…

我が家の場合は、いつも展示を巡りながら3階から1階に降りていき最後に4階に行きます。

4階に着くと、まずはカマキリが待ち構えています!

人と自然の博物館 カマキリ

カマキリの下に入るとリアルなお腹も見れますよ!

大人も怖いもの見たさで子どもと一緒に見てくださいね♪

奥の休憩コーナーの前にもオオスズメバチやダンゴムシ、カブトムシなどが勢揃いしていてそちらもリアル!

ひとはくサロンでは、ワークショップなどのイベントが開催されています。

人と自然の博物館 ひとはくサロン

行った日は、化石のレプリカ作りでしたがオープンして整理券が配られるものが多く午後から行った私たちは出来ませんでした。

やってみたいイベントがあればHPで確認の上、午前中に行かれると確実だと思いますよ!

イベントについては、「今月のイベント情報」でご紹介しているので、参考にしてください。

子どもが1人でイベントに参加している間に下の子を連れて隣にある図書コーナーで絵本を読んだりするのも良いと思います。

人と自然の博物館 図書コーナー

奥にはテーブルと椅子があるので好きな絵本を選んで座って見れます!

入ってすぐには、子どもが大好きな顔はめパネルや牛の尻尾がついてる椅子などもありました。

人と自然の博物館 顔はめパネル

順番に写真を撮ったりして楽しめますのでイベントに参加しているお子様を待つ間、下の子が飽きる心配はなさそうです。

またひとはくサロン内には、休憩コーナーがあります。

通常はこの休憩コーナーで飲食できるのですが、コロナ禍の今はお昼ご飯を食べたり、おやつは食べられません!

当日のみ再入場可能なので、お腹が空いたら向かいにあるイオン三田店へ行かれてもいいですね。

再入場の際は、チケットの半券は必要になりますのでなくさないように…

子どもの興味をひくしかけがいっぱい!

博物館と聞くと堅苦しいイメージがあったり、ただ見るだけで小さな子どもは退屈になってしまわないか不安に思う方もいますよね。

ここまで紹介したものを見ても分かると思いますが、ひとはくでは子どもの興味をひく仕掛けがたくさんあります。

360℃見渡す限り展示がされていたり、ほとんどの展示が子ども目線の低い位置にあったり、五感を使って楽しめるものがあったりと子どもが見て楽しめるようにとても工夫されています。

例えば、兵庫県にもいるキベリハムシの拡大模型は間近で虫を観察することができ子どもも興味津々です

見たことない虫を観察中!

人と自然の博物館 キベリハムシ

地震の断層の地形模型では、ボタンを押すと断層が動きます!がボタンを巡ってケンカ勃発…

人と自然の博物館 地形模型

一緒に来ている友達は暖かい目で順番を待っていてくれました。

今回、帰ってからも子どもが特に印象に残っていたのは、スタッフさん手作りのデジタル紙芝居でした。

人と自然の博物館 デジタル紙芝居

ダンゴムシの話「コロコロだんちゃん」のデジタル紙芝居を見ました!

子どもってダンゴムシ好きですよね!手遊びなんかもあって楽しかったです。

ダンゴムシと昆虫の足の数の違いについて知らなかったね〜とかオスとかメスの違いも知らなかったから今度見てみる!と言っていました。

このように人と自然の博物館には、子どもの興味を引き出す仕掛けがいっぱいです!

6月・7月のイベント情報

ひとはくでは、毎月楽しいイベントが行われています。

人数制限があるものは特に人気で午前中には整理券がなくなってしまうものもあるのでよく確認してください。

また、年齢によっては親子での参加になる事もありますのでぜひ、親子で参加してみてください!

日にちイベント名時間定員費用当日受付時間
10/8(土)画はくの日13:30〜14:0012名無料10:00〜
10/9(日)骨をみてみよう!13:00〜12名無料10:00〜
10/9(日)葉っぱ・木の実のポストアートつくり①13:00〜②14:00〜各回7組200円12:45~
10/10(月・祝)ひとはくストラップづくり10:30〜16:00

100名

200円随時
10/10(月・祝)ダンゴムシにふれてにふれてみよう①13:00〜②13:20〜③13:40〜④14:00〜各回5組無料12:00〜
10/15(土)30周年ひとはく○×クイズ

13:30〜14:00

30名

無料開始10分前より先着
10/16(日)花工房①12:00〜②12:20〜③12:40〜④13:00〜⑤13:20〜⑥13:40〜各回4組100円11:30〜
10/16(日)おうちでコーヒーを焙煎しよう!13:00〜14:455組1,000円10:00〜
10/16(日)どんぐりで遊ぼう!①13:00〜②14:00〜各回7組100円12:45~
10/16(日)30周年ひとはく○×クイズ

13:30〜14:00

30名

無料開始10分前より先着
10/22(土)翼竜に色を付けよう!13:30〜14:0012名無料10:00〜
10/23(日)海のいきもの探検13:00〜12名無料10:00〜
10/23(日)星・宇宙へのとびら〜秋の星空案内〜14:00〜15:00先着30名無料13:00〜
10/29(土)・30(日)開園30周年記念イベントひとはく30祭10:00〜17:00   
11/3(木・祝)とっても簡単!化石のレプリカづくり10:30~16:00100名100円10:00~
11/3(木・祝)風に乗って飛ぶタネのも模型をつくろう13:30〜14:0020名無料13:00〜
11/5(土)画はくの日〜新刊蔵庫〜13:30〜14:0012名無料10:00〜
11/6(日)

そとはく

11:00~15:00無料
11/6(日)おやさいクレヨンってなあに?①13:00〜②14:00〜各回4組無料10:00〜
11/12(土)

新植物収納蔵庫見学ツアー

①10:30~11:00
②13:30〜14:00
10名無料10:00〜
11/12(土)きょうりゅう骨パズル13:30~14:0012名無料10:00〜
11/13(日)ノミ博士が集めたせ世界の昆虫コレクションコレクション10:00~17:00なし無料
11/13(日)ひとはくストラップづくり10:30~16:00100名100円随時
11/13(日)でんでん太鼓つくり①13:00〜②14:00〜各回7組300円12:45~
11/13(日)阪口コレクション14:00~14:30なし無料
11/19(土)ひとはくストラップづくり10:30~16:00100名100円随時
11/20(日)ドリームスタジオフェスタ202213:00~15:00
11/20(日)ろ過実験コンテスト①13:00〜②14:00〜各回10名無料10:00~
11/23(水・祝)とっても簡単!化石のレプリカづくり10:30~16:00100名100円10:00~
11/26(土)フズリナ石灰岩を磨いて観てみよう①11:00~12:00
②14:00〜15:00
10名100円10:30~
11/26(土)恐竜ペーパークラフト〜ヤマトサウルス〜13:30~14:0012名無料10:00~
11/27(日)ダンゴムシをさがそう13:00~12名無料10:00~

こちらは2022年10月5日時点での情報です。詳しくはこちらを参考にしてください。

人と自然の博物館へのアクセス方法

神戸電鉄 フラワータウン駅より下車徒歩5分。

お車でお越しの際は、ナビで「イオン三田店」もしくは「フローラ88」で検索するといいと思います。

駐車場は、博物館にはありませんので、イオン三田店に止めるのがオススメです!

ひとはくの半券をイオン三田店の1階インフォメーションに見せると、4時間まで駐車料金が無料になります。

ひとはくへの入口は、エントランスホールを過ぎるとあります。

人と自然の博物館 専用入口

ベビーカーを押しての入場であれば、階段前、右側に専用入り口があるのでそちらから…

人と自然の博物館 階段

私たちは階段を降りて3階から入りました。

中に入るには、人数、連絡先、時間などを記入するアンケート用紙に記入してからになります。(アンケート用紙は、エントランスホール内、3階と4階の入口前にあります。)

人と自然の博物館 入口

3階の入り口では、前にあるモニターに体温が映し出されるので、枠内で一度とどまる必要があります。(家族で入場される方は家族単位で枠に入れます。)

館内は暖かく、冬はコートなどが邪魔になるかと思いますが、手荷物は無料のコインロッカーが入り口にあるのでそちらに入れるといいと思います!

入場券を券売機で買い、受付に提示します。その際、JAF会員の方、コープこうべの組合員の方忘れずに…

詳しい場所はこちら↓

nbsp;

人と自然の博物館の詳細

ひとはくは、展示物の量が多くて、子どもが楽しめる仕掛けがたくさんしてある博物館です。

入場料金も安くて、雨の日でも楽しめる場所ですよ!

なんと言っても、入場料の安さには驚かされます。

国内最大級の国立博物館なのに高校生以下は県内県外を問わず、無料

大人でも200円なんです。

 大人大学生70歳以上高校生以下
個人200円150円100円無料
団体(20名以上)150円100円50円無料
個人(障がい者割引)50円30円無料
団体(20名以上•障がい者割引)30円20円無料

また、JAF会員、コープこうべの組合員であれば、受付時提示すると50円引きになります。

少し前にトイレも綺麗になりました。

トイレの壁に恐竜の絵が書いてあったり、2階の女子トイレは色鮮やかな蝶々の標本があり、とても綺麗でした!

トイレは、2階、3階、4階にあり、授乳室や救護室は4階にあります。

住所兵庫県三田市弥生が丘6丁目
ホームページ人と自然の博物館公式サイト
駐車場なし(イオン三田店•フローラ88にて4時間無料)
開館時間10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜日(祝日•休日の場合はその翌日)
年末年始(2021年12月27日(月)〜2022年1月4日(火))
冬季メンテナンス休館(2022年1月5日(水)〜2月7日(月))

まとめ

今回、久しぶりにひとはくに行きました。

毎月第一日曜日が「kidsサンデー」になっていて、小さな子どもでも楽しめるイベントが開催されています。

年明け後しばらくはメンテナンス休館に入りますので今年最後のkidsサンデーです!

館内は、しっかりコロナ対策をされていていますので安心して楽しめますよ。