子供のころはご馳走と言えばお肉だったのに、大人になるとどうしてか寿司であったり刺身などなど魚介を好むようになるんでしょうか。

いろいろと考えてみたのですが、きっと日本人だからですかね。

 

ということで新鮮でおいしい魚を求めて取材へ向かいました。今日は取材終わりにお酒が飲めそうです。

 

 

 

 

 

 

本日、取材させていただいたのは三田駅からすぐ!漁師寿司 長太さんです。


お寿司屋さんはやっぱりカウンター席がいいですね。大将!と声をかけて旬の食材のお寿司を握ってもらうなんてなかなか粋です。

長太さんの店内は堅物の大将が代々とやっている、いかにもお寿司屋さんという感じではなくフランクな感じです。
実は今回のお店長太さん、プライベートで何度かお邪魔しておりまして、初めてお店に行った際にも気さくにお話ししていただきました。

今日はそんな大将に少しわがままを聞いていただきましょう。

 

 

取材の写真を撮らせていただき、その夜に飲みに行くということで今日は僕の好きな鰻を仕入れていただきました!
鯛に鯖、ウナギに貝にシイタケと新鮮な食材が並びます。

それでは捌いていただき実食といきましょう。

 新鮮なお魚をいただきます。

 

新鮮な魚介をおさしみでいただきました。

どの食材も鮮度がよく、お酒が進みます。大将が食材の説明をしてくれるのもいいですね。「こちらはお塩でどうぞ」と食材に合った食べ方で提供してくれるのも、嬉しいところです。

鰻は白焼きの方が素材の良さが生きておいしいと言われていますが、ここはやはり蒲焼でしょう。大将が研究に研究を重ねたタレが香ばしく香ります。
実はこの鰻、鹿児島産で三田で泥抜きをしているそうです。
 

平貝は僕の希望でバター醤油、大きな殻で殻盛りで。

 

 

 

 

 

ここで大将が僕のわがままを聞いてくださいました。

前回、長太さんに飲んでいるとひょんなことから大将がまれにスッポンを仕入れて調理しているとお聞きしました。

僕はスッポンを食べたことがなかったので、酔って食べたい食べたい言っていたわけです。
そして今回スッポンが入ったと聞いて楽しみにしておりました。

スッポンが登場

大将が気を利かせて食べ方を聞いてくださいました。
長太さんはこういった気遣いがあるのでとてもうれしいです。お店とお客のコミュニケーションがあるからこその魅力。

・照り焼き
・炊き出し
・唐揚げ

3つの中から今回は唐揚げを選択。食べたいと言ったものの初めての亀にビビり気味です。

スッポンの唐揚げ

それでは高級食材スッポンの唐揚げをいただきます。

気になるお味は…..

鳥っぽくて癖がなく美味い!肉の部分は鳥のような食感でとても唐揚げにあいます。スッポンにはゼラチン質のような食感の部分があるのが特徴でしょうか。他に食材にはない食感があります。

スッポンはよく精力がつくと言いますがその点はよくわかりませんでした。すみません。

 

そんなこんなで楽しい夜の取材を終えました。

 

 

さいごに

三田駅から徒歩3分、山間部に位置する三田市で妥協を許さない仕入と調理でみなさんに喜ばれるお寿司屋さん「漁師寿司 長太」さん。おいしいお寿司はもちろん、気さくな店長も魅力的です。

「いい○○が入ってるよ」と大将、「じゃあ、それをゆずと塩で」とお客さん。そんな、なかなか聞いてもらえないわがままを聞いてもらえる居心地の良さ。そういう会話もお店の魅力となって足繁く通う常連さんも多くいらっしゃいます。

みなさんも気軽な気持ちでカウンターに座って、大将に一声かけてみるのはいかがでしょう。きっとここでしか食べられない食材、過ごせない時間を提供してくれるんじゃないでしょうか。

どうやろ。こんな感じで大将!

from kizuq

 

Infomation
店舗名漁師寿司 長太
住所 兵庫県三田市中央町10−16
営業時間日曜日 18時00分~21時00分 月火水木 18時00分~0時00分 金土 18時30分~1時30分
お電話番号079-555-6115
公式HPhttps://localplace.jp/t200340457/

 

ちょっと小話 ~三田駅前ってどんな感じ?~

実はこの辺り、三田駅周辺はそう大きくはありませんが雰囲気のいい区画になっています。温かい明かりに誘われて飲み屋さんを覗けば、たくさんの方がお酒を酌み交わしいました。ムードな雰囲気は少し気を大きくしてくれるのか、僕も一人で飲みに行ってみました。知らない者同士でもお酒の席では皆友達!という気持ちで話しかけてみると案外気さくな方が多く、僕にとっては少し非日常な楽しい夜を過ごせました。

しかしまだまだ金・土曜日に比べ平日は人がまばらであったり、空いているテナントであったりと、僕自身「もっと盛り上がってほしい」と思います。どの店もみなさんご新規でも歓迎してくださいますので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

近日中にこの辺りを飲み歩いて記事を書きます!お楽しみに!